星野源が『嵐にしやがれ』に出演!〜人柄とスイーツ、最新主演映画について〜

俳優

8月10日放送の『嵐にしやがれ』に星野源さんが出演されます。

歌にドラマに大活躍の多才な星野源さんですが、『嵐にしやがれ』ではスイーツデスマッチに参戦されるとの事で、大好物のスイーツをかけて嵐との対戦が注目です。

もうすぐ主演映画も公開されるとの事で、バラエティ番組にも積極的出演されているようです。

そんな星野源さんの人柄や『嵐にしやがれ』でのスイーツ対戦、主演映画『引っ越し大名』について紹介しています。

星野源さんのプロフィール

本名:星野源(ほしの・げん)

生年月日:1981年1月28日 (38歳)

出身地:埼玉県蕨市

身長:168cm

血液型:AB型

事務所:大人計画(俳優)/アミューズ(音楽)

 

星野源さんの人柄

ドラマに映画、CMに執筆と幅広く活躍している分、知名度が高まり今や星野源さんの名前や顔は誰もが聞いた事や見た事はあるのではないでしょうか?

いつも笑顔で明るく元気を与えてくれるイメージがありますが、実際はどんな人柄なのでしょうか?

意外にもネットでは、星野源さんの性格について悪評が多いようです。

その主な理由は、歌のPVや何かの撮影の際は、自分を中心に多く写すように指示し、他の人が多く写っていると撮り直しをさせる事が多いということです。

この事から撮影関係者からは難しい人と思われているようです。

今では人気絶頂上なので、そういう事を言っても、売れっ子のわがままとして聞いてくれそうですが、まだ売れていなかった時は、「生意気」とか「自己顕示欲が強い」とか反感を買っていたそうです。

例えばドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主演を務めた時は、エンディングが完全に星野源さんのPV化していました。

その時の「恋ダンス」がとても話題になり、星野源さんが一躍注目を浴び人気が急上昇しました。

ファンはとても喜んでいましたし、これでファンになった人もいるでしょうから、仕事の戦略として見てみると周囲から見ると少し過剰にも思える撮影に対するこだわりが今の人気を作っているのかもしれません。

星野源さんの性格は、ラジオ「オールナイトニッポン」であっけらかんと下ネタも話しているのをみても、明るく面白く元気なイメージ通りのようです。

自分をたくさん写してと要求するのも率直な性格だからかもしれませんね。

星野源さん『嵐にしやがれ』に出演!

星野源さんは、前に『嵐にしやがれ』で「星野源記念館」のコーナーに出演されたことがあります。

子供時代は一人で遊ぶのが好きで、意外にも暗い性格だったという話にみんな驚いていました。

音楽と俳優の両方に関心があり、両方ともやりたくて、自分が感動した台本で劇をしたり、バンドを作ったりと積極的に活動してきた下積み時代が印象的でした。

今回は『嵐にしやがれ』ではスイーツデスマッチに参戦します。星野源さんは、大のスイーツ好きと言う事なので、同じスイーツ好きとして知られる相葉くんと大野くんとの対決が見物ですね。

是非クイズに答えておいしそうにスイーツを頬張る姿を見たいものです。もしくは嵐がおいしそうに食べる姿をうらやましそうに眺める姿が写されるでしょうか?

嵐もゲストに手加減しないですからね。遊ばないで最初から本気で答えていくのが勝つポイントだと思います。

ちなみに星野源さんが特に好きなスイーツは「クレープ」だそうです。

「自分は最もクレープを愛しています。甘い物が大好きで、特にクレープが。原宿で並んで買っていますよ。チョコバナナとバニラアイスを入れたいですね」

『嵐にしやがれ』でどんなクレープが紹介されるのか注目です!

 

星野源さん主演『引っ越し大名』

俳優としての星野源さんの最新作映画は、8月30日公開の『引っ越し大名』です。

紹介動画を見ると、ドタバタコメディ時代劇の印象を受けます。

原作は土橋章宏さんの時代小説「引っ越し大名三千里」で、星野源さん主演で、高橋一生さん、高畑充希さん、及川光博さん等が共演しています。

ストーリーは、「国替え」と呼ばれている、すべての藩士とその家族全員で国ごとお引っ越しをするという話です。

参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題がテーマで、星野源さんは、引きこもりの侍 片桐春之介を演じます。

「引っ越し奉行」に任命された片桐春之介は、姫路藩士たちとあらゆる知恵を絞り工夫をしてお国の一大事を乗り越える為に奮闘するという笑いと感動の物語になっています。

8月8日にはコミックも出版され、今注目度MAXの映画です。

星野源さんの困った顔が印象的な、コメディタッチでとても面白そうな映画です。

音楽活動と俳優と多才な星野源さんのこれからの活躍がますます楽しみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました