芳根京子がVS嵐に出演!新ドラマ『TWO WEEKS』とエピソード

女優

7月11日に放送の『VS嵐』に芳根京子さんが出演します!

芳根京子さんは、2018年日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、映画にドラマにと活躍中の人気急上昇の若手女優さんです。

今回は7月から始まる新ドラマ『TWO WEEKS』の番宣をかねて共演者と共に嵐と対戦します。女優とは違った素の顔が垣間見えるかもしれませんね。

今日はそんな芳根京子さんが出演するドラマの情報や女優として下積み時代のエピソードについて調べてみました。

「芳根京子 画像」の画像検索結果

 

芳根京子さんのプロフィール

生年月日:1997年2月28日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:159cm

趣味:料理、お菓子作り、犬の散歩

特技:ピアノ、フルート、持久走、パソコン早打ち


小学生時代は引っ込み思案

今の姿からは想像できませんが、芳根京子さんは小学生時代は引っ込み思案だったそう。友達もほとんどいなくて、自分に自信がなく自分の意見や考えを話せなかったと言っています。

中学生時代は「一番友達の輪が広い人」

そんな芳根京子さんですが、中学生の時は、友達から一番友達の輪が広い人と言われたそうです。何故でしょうか?

それは、「吹奏楽部」に勧誘されたからです。小学生のときからフルートの経験があった芳根京子さんは、吹奏楽部の人からぜひ入ってほしいと必要とされたことから、自分に自信が持てるようになりました。

それを機に芳根京子さんは、本来の自分を出せるようになり、いろんな部活動の友達も作り、先述のように言われるまでになりました。

高校1年生の時にスカウトされる

とても綺麗な顔立ちの芳根京子さん。東京の街を歩いていてほっとく筈がありません。幼い頃から’何度かスカウトをうけますが、興味がなく断っていたそうです。

けれども高校1年生の時、学園祭で映画を作ったことがきっかけで、女優という仕事に興味をもつようになりました。そんな時、遊助(=上地雄輔)のライブでスカウトされ、芸能界に入りました。

ライブ会場なんてたくさんの着飾った女性であふれているのに、よっぽど芳根京子さんは光っていたのでしょうね!

 

yosinekyoko

意外な下積み時代!と経歴

2013年16歳の時にドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優としてデビューします。

最初は受けるオーディションが次から次へ合格し、順調でしたが、しばらくするとまったく合格できない時期が訪れます。

1次審査さえ通らず苦しく感じていた時、母親に話すことで、「この作品とはご縁がなかったんだな」と考えるようになったとのこと。

マネージャーに叱られる!?

そんな時、マネージャーに呼び出されて、「いま、お前が辞めても事務所にとって得も損もない」と叱られてしまいます。き、きつい!

普通なら落ち込んでしまう人が多いですが、芳根京子さんは「カッチンときちゃった」そうです。泣きながらマネージャーにこう宣言しました。

だったら辞められたら困るくらい大きい女優になって、辞めてやる!!!

負けん気が強いですね。根性があります!

そうして、翌年には映画『物置のピアノ』で映画初出演をし、また、連続テレビ小説『花子とアン』のオーディションに合格し、主人公花子の親友の娘役を演じました。

2015年には、「表参道高校合唱部!」で連続ドラマ初主演を務めます。

デビュー3年後の2016年には、人気女優になるための登竜門と言われるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン役をつかみとります。

このドラマでの演技が「安定感がある」とか「惹き込まれた」といった高評価を受けて一躍人気女優の仲間入りを果たしました。

そして、2018年に公開された映画、土屋太鳳さんとのW主演映画「累 -かさね-」、「散り椿」の作品で「2018年度第42回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞し、その演技力が認められました。

2019年は芳根京子さんが出演の映画がすでに2本公開されています。一本は時代劇で5月17日に公開された『居眠り磐音』、もう一本は6月28日公開の『今日も嫌がらせ弁当』です。

瀬戸康史が『今夜はナゾトレ』に出演!ドラマ『ルパンの娘』とエピソードと経歴について

注目のドラマ『TWO WEEKS』では初の検事役!

同作で新米検事の月島楓を演じ、検事役に初挑戦する芳根さんは「とても新鮮に感じています。いろいろな方たちに驚いてもらいたいです」とコメントされていました。

原作は韓国ドラマだそうです。韓国ドラマといえば、愛憎の激しいドロドロした復讐劇みたいなのも多いですが、つい次が気になって最後まで目が離せなくなります。

この『TWO WEEKS』ではどうでしょうか?

殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンスだそうで、やはり色々裏のある話のようですね。

芳根京子さんが演じるのは、主人公の結城が関わった事件を担当する新米検事の月島楓役。楓には、8年前の殺人未遂事件がきっかけで父親を亡くし、家庭を壊された経験があります。

検事となってからも事件の黒幕に復讐するため、仕事をこなしながら独自に捜査を進めています。

そんなある日、黒幕に迫った楓の協力者が遺体で発見されます。遺体発見現場に居合わせた結城が殺害した犯人として逮捕されますが逃亡し、楓は結城の足取りを辿るという役どころです。

 


nbsp;

芳根京子さんがどんな検事役を演じるのかとても楽しみですね!

今、映画にドラマにCMに大活躍の芳根京子さん、これからますます伸びていく女優さんとして注目です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました